高血圧と漢方

高血圧に漢方?と思われたかもしれませんが、漢方は高血圧の根源を治癒する大変有効な物なのです。高血圧と言うとすぐに降圧剤を出す傾向にありますが、漢方はその人のタイプと症状に合った漢方を使い分けています。

 

漢方は高血圧の原因を解消させ、高血圧を下げるのが主な目的となっています。高血圧の薬の様に薬で強制的に下げるのではなく、高血圧となっている根源をじっくりと漢方で治していくのです。

確かに漢方は降圧剤のような速効性はありませんが、高血圧の原因を完全に消滅させる可能性を漢方は秘めているのです。

 

スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


漢方は体力のあるなしや高血圧の症状などから選ぶ漢方が決まってきます。例えば、体力がある方で肩こりや便秘が酷いと言う方には、「防風通聖散」の漢方が出されますし、虚弱体質でうつ病的な精神状態の方でしたら「桂枝加竜骨牡蠣湯」の漢方が処方されます。

 

漢方をご利用頂く際には、必ず漢方の専門医か漢方薬剤師にご相談頂きますようお願いいたします。高血圧に良いとされる漢方一覧表にしました。

 

高血圧と漢方     漢方の名前  漢方に適応する症状
実証タイプ漢方

体力がある方

大柴胡湯(だいさいことう) 肥満気味でイライラ傾向
三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう) のぼせた赤い顔、便秘の方
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) 肩こりや便秘が酷い方
中間タイプ漢方

標準体力の方

釣藤散(ちょうとうさん) 酷い頭痛、動脈硬化がある
柴胡加竜骨牡蛎湯

(さいこかりゅうこつぼれいとう)

不眠、ストレス、自律神経失調症
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 高コレステロール、血行不良
虚証タイプ漢方

虚弱体質の方

七物降下湯(しちもつこうかとう) 胃腸が弱く、冷え症
桂枝加竜骨牡蠣湯

(ケイシカリュウコツボレイトウ)

不眠や不安感など精神的症状
八味地黄丸(はちみじおうがん) 頻尿や冷え症のある高齢者


スポンサーリンク





サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ