高血圧とお風呂

高血圧とお風呂との関係をまとめたいと思います。高血圧の方がお風呂へ入る時にはいくつかの注意点がありますので、高血圧の方は是非覚えておいて下さい。

 

高血圧の方がお風呂へ入る時の注意点

①脱衣所とお風呂の浴室の温度を25℃くらいにしておく。

高血圧の方は、お風呂との気温差を少なくして、血圧の変化が起きないようにして下さい。寒い脱衣所から熱いお風呂(42℃以上)へ入ると、血圧が20mmHg以上上がると言われています。例えば150/90mmHgの高血圧の方ならお風呂に入るだけで170/100mmHgほどになるという事です。

 

血圧が急に20mmHgも上がってしまうと、血管は莫大な圧力を受ける事になり、脳卒中や心筋梗塞が起き易くなるのです。特に気温差が大きい冬場12月~2月の3か月間にお風呂での事故が多発していますので、高血圧の方はご注意下さい。



スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


②お風呂の温度は41℃以下で半身浴10分ほど。

お風呂の温度が高いと、「温度差大=血圧の変化大」となりますから、高血圧の方には38℃~40℃のお風呂で半身浴を10分ほどがお勧めです。

 

③お風呂ではかけ湯をする。

高血圧の方は急激な血圧の変化を防ぐために、体全体にゆっくりとお風呂のお湯をかけていって下さい。寒い時はすぐにお風呂へ入りたいとは思いますが、浴室を温めておきゆっくりとかけ湯をして頂きたいと思います。

 

高血圧とお風呂のお話をしてきましたが、サウナのお風呂は更に危険だという事お分かり頂けますよね。サウナ内の温度約90℃から水のお風呂(18℃)へズボン!・・・最高に気持ちいい・・・ですが、高血圧の方にとっては自殺行為ですので出来ればサウナは避けた方がよろしいでしょう。



スポンサーリンク





サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ