血圧の平均について

血圧の平均を気にされる方の多くは、健康診断などで血圧を指摘され、「自分の年令の血圧の平均はいくつぐらいなのだろうか?」と思った方だと思います。

 

血圧の平均は年令と共に上昇していきますが、60才を境に下の血圧の平均は下がる傾向にあります。下の表「年令別の血圧の平均」でご自分の血圧と比べてみて下さい。

血圧 平均 20才代 30才代 40才代 50才代 60才代 70才代
男性の平均 128/75 129/78 134/82 147/87 157/90 160/88
女性の平均 121/72 126/76 134/82 148/87 162/90 165/88

 

表のように50才代で血圧の平均が140mmHgを超えますので、少しぐらい血圧の平均が高くても致仕方ないところです。「高血圧治療ガイドライン2,009」では、血圧の降下目標を60才代で140/90、70才代で150/90としています。 ご自分の目標に向けて血圧の平均を下げていきましょう。



スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


次に平均血圧についてです。この平均血圧というものは、よく動脈硬化の進行具合の判断で使われています。

 

計算式は、平均血圧=(上の血圧-下の血圧)÷3+下の血圧で求めます。例えば160/85mmHgの方の場合で計算すると、(160-85)÷3+85=110となりますが、平均血圧≧90(90未満が正常値)となり動脈硬化の疑いで注意を受ける事になります。 

 

動脈硬化の検査は「血圧脈波検査」という正式なものがありますが、この平均血圧の計算式でも動脈硬化をある程度判断出来ますので参考になさって下さい。

 

血圧の平均と言いましても、年令別の平均やこのように動脈硬化のすすみ度を確認するための平均血圧などがあります。

 

今回ご紹介しました2つの血圧の平均を頭に入れて、高血圧をどんどん下げて頂ければ大変うれしく思います。


血圧の上下差に関しては、こちらをご覧ください。



スポンサーリンク





サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ