「高血圧 予防」の記事一覧

高血圧とコーヒー

高血圧とコーヒーに関する疑問は昔から行われてきた議論です。コーヒーを5杯以上飲む方に高血圧が多いとか、コーヒーに含まれるカフェインが高血圧に良くないとか言われてきました。でも実際のところはどうなのでしょうか?

高血圧の予防

高血圧の予防は、食生活の改善が一番効果的であり、塩分を一日10g未満にするのが高血圧予防として最適とされています。一番簡単な高血圧の予防は、①塩分1/2の塩と醤油に変える②味噌汁を飲まない③ラーメンなどの麺類の汁を飲まない④禁酒するの4つです。これらを実践出来れば高血圧を予防出来る可能性が高いです。

高血圧の食事療法

高血圧の食事療法の準備としてまず塩を変えます。味の素「やさしお」は、塩気はそのままで塩分を1/2に出来ます。先ほど言いましたように塩分12gを6gにしなくてはなりませんので、高血圧の食事療法には「やさしお」や「減塩醤油」は必需品という事になります。

高血圧と塩分の関係

高血圧は塩分が原因だから「塩分を減らしなさい!」と指導されてきたと思います。なぜ高血圧だと塩分を減らす必要があるのでしょうか?塩分が高血圧を引き起こす大きな理由には、体の生理現象が関係しています。人間の体は、塩分濃度が濃くなるとそれを一定(140mEq/l前後)に保とうとする作用が自然と起こります。

高血圧と運動

高血圧になると「運動して下さい!」と指導されます。「運動する時間などない・・・」とか「運動ってどんな運動?」と考えている方もいらっしゃると思いますので、高血圧に最適な運動とそのやり方をご説明いたします。高血圧によい運動は有酸素運動で、その運動の代表がウォーキングや・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ